63、ミュンヘン(ドイツ)2

BMW本社の隣にBMW博物館はある。下から見るとお椀のような形をしているが、上から見るとこんなふうにマークになっている。隣の本社ビルは六文銭を紐で繋いだような形に見える。フランス人のセンスも時々変わっていると思うが、ドイツ人もこだわりが凄い。

入り口は普通。お椀の底から入る。

お椀なので階段でなくグルグル回る。キスマークがフレンドリー???

と思うと、スパイ映画に出てくるようなカッコイイ通路。

最近のカローラ店のディスプレイの起源かも。上は底しか見えない。

バイクも縦並べ。じっくり見せる気ないのがドイツ流?

縦の次は横。

たぶん年表だと思うが・・・。なにもここまでしなくても・・・。日本なら地震一発でこんがらがる。

映画によくでてくるナチス・ドイツ御用達車。マジ怖そうな面構え。

アフリカ戦線で戦ったサイドカー。完全リストアされているのが凄いね。

BMW博物館。この博物館全体に漂う「威圧感」が凄い。後でイタリアのフェラーリ博物館に行くと国民性の違いがありすぎて・・。高級の捉え方がメーカーで全く違っていた。