36、モスクワ到着

日本を出て3週間でモスクワに着いた。

カザフスタンに寄り道せずに一直線にくれば2週間でも可能かもしれない。21日間、近いような遠いような感じだった。地図を見てこんな長距離を走ったことがなかったので自分でも驚いてしまった。最も心配していたシベリア横断道路を無事故無違反で無事にモスクワまでたどり着いてまずは一安心した。

この期間中にバイクを下ろして走ることはしなかった。バイクの上げ下ろしを現地の人に見られて盗難や車上荒らしにあうのが嫌だったのもあるが、横断中は直線路ばかりで、どうしてもバイクじゃなければダメという気持ちよさそうなワインディングがなかったのも大きい。バイクツーリングはスイスを中心とするヨーロッパツアーにとっておくことにした。

モスクワ市外に入るとさすがに超大国の首都だけあって大都会だった。毎日細かいことも含めるといろんなことがあったので、洗練された都会に来るとホッとした。交通量もぐっと増え片側4車線道路になった。

 

20年前にモスクワに泊まった時はアメリカンスタイルのホテルがなくロビーも薄暗かった。今は世界のメジャーホテルが全て揃っているのでホテル選びは楽しい。ホテル検索サイトで「メジャーホテル、あまり中心部に近くなく、駐車場完備、駅徒歩1分、スーパー徒歩1分、朝食付き5千円程度」で探すとホリデイ・イン モスクワ ソコルニキがそれに当てはまった。

室内も慣れ親しんだシティホテルタイプで落ち着いた。

目の前に大型スーパーと地下鉄の駅があり、赤の広場まで10分という立地だった。日本人や中国人の団体さんも沢山泊まっていた。朝食もボリュームたっぷりのアメリカンスタイルでなかなか良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です