38、サンクトペテルブルグ(レニングラード)

モスクワから千キロ西にあるサンクトペテルブルグは、ロシアの最重要都市のひとつだ。ロシア革命まではロシアの首都であった。ソ連時代はレニングラードと呼ばれ、ロシア最大の兵器生産基地であった。この生産基地をめぐってドイツによる2年半に及ぶレニングラード包囲戦はいくつもの有名な映画になっているのでご存知の方も多いと思う。

サンクトペテルブルグは、ロシアでは日本いうと京都のような精神性や文化性が高いエリアとされ、モスクワを田舎者とさえ呼んでいた。さらにバルト海に面して造船、重工業、機械機器などの製造業も発達している。現在ではロシアの経済を牽引する500万都市だ。

 

(エカテリーナ宮殿)

実は3週間もロシアにいたのでちょっと地味目のロシア観光に飽きてきたので、最後に見るならド派手なエカテリーナ宮殿にしようと決めた。

白と水色と金。夏の避暑用(白と水色)、宮殿(金)をイメージした配色なのかも。

ロシアの彫刻は緻密さがなく、コンクリで作り着色したような感じが多い。

奥に並んでいる人は入場待ちの長い行列。限られた一定数しか入れないため5時間待ち。フランスのベルサイユ宮殿のスモール版みたいな感じだった。

四角と丸にカットされた樹木。塀の代わりをしているようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です